モデルも愛飲しているヴィーナスボディ(VENUS BODY)とは?

モデルが愛飲しているダイエットサプリとして有名になったヴィーナスボディ(VENUS BODY)とは

どんなサプリメントなのかちょっと調べてみました。

 

ヴィーナスボディ(VENUS BODY)はただ痩せるだけではく、シルクドペプチドでの美肌効果や、

ソイプロテインで引き締まったボディメイクをサポートするなど、ただ痩せるだけでは無い、

様々な効果が期待できます。

 

ボディラインを美しく保ちながら痩せたい人にはヴィーナスボディ(VENUS BODY)が

おススメでしょう。

話題の「ブラックジンジャー」とは?

今年のダイエットのトレンドキーワードは「ブラックジンジャー」です?ブラックジンジャーを皆さんはご存じですか?

 

この「ブラックジンジャー」とは日本語でいわゆる黒ショウガです。一見外見はショウガですが、中身を切ると中が真っ黒なショウガです。10種類のフラボノイドなどを含み、強力な抗酸化作用をもっているショウガで、タイを原産として多くの国でダイエット商品として愛されています。

 

その具体的な効果というと、まずこれから冬になると女性に増える末端冷え症に効果的。足先の毛細血管を拡張さえて、冬でも足先を温かくしてくれます。

 

次に、糖の消費量をアップ!ダイエットの敵であるお米やパンなどの糖の代謝を高めてくれます。代謝が低いとすぐに脂肪となって体内に蓄えられれますが、代謝を高めエネルギーにすることで体内に蓄積される量を減らします。

 

また、ブラックジンジャーは交感神経を活性化することが出来るので、エネルギー代謝もアップできるので、とにかく太り辛い体質改善をすることが可能なものです。

 

このように女性にとってブラックジンジャーは、痩せる為、そして健康を考えるとベストな食材といって良いでしょう。今や日本でもサプリとして売られるようになってきたので、チェックしてみましょう!

ダイエットサプリのダイエット失敗談を紹介

ダイエットサプリメントを飲んで、ダイエットに失敗するケースを紹介していきます。やっぱりダイエットサプリを購入してまで痩せるのだから、失敗はしたくないものですよね?そんな失敗談の口コミとは。

 

 

・サプリを飲み始めて1ヵ月、体重があまり変わらなかくて辞めてしまった。

・1ヵ月5,000円するサプリで痩せ始めたけど、2か月で財布がきつくて辞めてしまった。

・体重が減ったけど、急激に痩せたせいもあってか体調不良でまだ余ってるのに辞めてしまった。

・痩せたけど、すぐに体重がリバウンド、無理が祟ってしまったのか。。。。

・なかなかダイエットサプリを飲むのがルーチンにならず3日に1回になり、効果が出ず終了。

 

 

などなど、失敗しない為には根気強くダイエットサプリは継続することが重要なようです。また、しっかり瘠せている間にウォーキングなどで、筋肉を付けつつリバウンドし辛い体質へ変えていくことも大事。また、どうしてもサプリメントに抵抗がある人は、自然の緑黄色野菜などを利用した長期的に健康的にダイエットができる青汁を利用するのも方法の1つでしょう。人気商品の青汁の比較はこちらをチェックしてみてください。

ダイエットサプリメントの分類は?

ダイエットサプリも様々な分類方法がありますが、女性にとって重要なのは、食事はちゃんととっていいの?ということですよね。

そう考えるとダイエットサプリメントは下記の3つに分類されます。

 

①断食ダイエット

これはもはやダイエットサプリメントの力に寄らないダイエット方法ですが、効果は絶大。でも結局はリバウンドして元に戻ってしまいます。よほどの気合いが無ければ断食を伴ったダイエットサプリのダイエットは控えましょう。

 

②代替えダイエット

いわゆる食事を他のものに置き換えてのダイエットです。それに伴ってダイエットサプリを補助的に飲むという方法です。負担は軽いのですが、この飽食の時代、多くの人はこれで結果が出ます。ちなみに代替えは有名なオカラクッキーや酵素ドリンクなどが女性の間で話題です。

 

③食事はそのままダイエット

ダイエットサプリの力で、本来であれば吸収するはずの脂肪や炭水化物を吸収を阻害して体外に排出したり、もしくは体内での燃焼を促進することで、いつもと同じ食事でも自然と痩せていく方法です。日本では「CUTE ME」というダイエットサプリメントがリポサンウルトラという成分を含んでいる為、可能になりました。ダイエット初心者や育ち盛りの10代には最もストレスなくトライできるダイエット方法でしょう。

 

そもそもサプリメント種類とダイエットサプリの関係は?

日本では様々なサプリメントが発売されていますが、ダイエットサプリは一体どの分類なのでしょうか。

一般的に日本では3つの種類に分類され、それぞれの規格や基準を満たしたうえで発売されています。

 

①栄養機能食品

これは定められた量の12種の必須ビタミンと5種類のビタミンを含んだサプリメントに対して、栄養機能食品と分類されることで、ある程度の範囲の中でその効果や効能を宣伝として用いてよいというものです。いわゆる健康改善、体質改善などで販売されているサプリはこれに該当するケースが多いようです。

 

②特定保健用食品

いわゆるCMでお馴染みの「トクホ」ですね。痩せるや脂肪の分解など、薬事法上規制されるべき効果効能表記が許可された食品で、結構インパクトがあります。きちんとしたメーカーが製造しているダイエットサプリであればこのカテゴリーに分類されます。

 

③一般食品

上記2つに分類されないサプリメントは全てこの一般食品です。手頃に手に入るサプリは大部分はこの分類です。効果や効能を広告で打ちなせない分、その製造、販売基準は緩いといえます。

 

ちなみにアメリカではFDA(米国食品医薬品局)という厳しい国の機関があることで、薬のみならず健康食品やダイエットサプリメントは厳しいテストが行われ、その効能が認められないと販売が認められません。逆にFDA(米国食品医薬品局)の審査をパスしてしまえば、それだけで商品の広告にもなります。

 

こういった目線で一度ダイエットサプリを比較すると、より効果や効能に対して「国がきちんと認めた範囲で効果が出る物なのものなのか」ということを客観的に判断できます。